施工事例集

和風から洋風へのイメージチェンジ 施工後
上塗り塗料は水性よりも密着力が高い溶剤系の日ペ『ファインSi』を選択。カラーは『ND-050』というグリーン系。派手な色すぎると仕上がりがおかしくなる危険性があるため、やや濃い色ながらも落ち着いた感じを出せる色を仕上げ塗りに使用しました。
明るい感じに蘇らせたい…!施工後
全体の雰囲気は変えずに、色あせてしまった屋根や壁面を、明るい感じに蘇らせたい・・・というご要望でした。まず黄色っぽい外壁は「SR-408」という白に近いカラーで塗装し直し、色あせた雨樋、雨戸、帯板などを、濃い目のココナッツブラウン系で仕上げることにより、全体的に明るく引き締まった印象になりました。
雨樋交換と外壁塗装 施工後
現場を見させて頂いたところ、先般の大雪で雨樋がかなり傷んでいることから、 雨樋に関しては塗装ではなく交換をすることになりました。 外壁塗装で足場を仮設した際に、同時に雨樋を交換される方が結構いらっしゃいます。 破損した雨樋から水が漏れると外壁や木部を長年濡らすことになり、傷みがひどくなりやすくなりますので要注意です。
木部をきれいに仕上げることを念頭に 施工後
モルタル壁の和風のお宅で、玄関廻りの木部(柱など)がとても良い雰囲気のお宅でしたので 木部をきれいに仕上げることを念頭に置きつつも、お客様の「少し雰囲気を変えたい」という ご要望に応えるため、カラー選択など念入りに行いました。
耐久年数約20年!無機塗装(Mプロペイント)  施工後
元々、砂壁風(ジョリパット)のオシャレな雰囲気のお宅でしたが、経年劣化で色あせが進み、また壁材の特性でクラック(ひび割れ)が多数発生してお困りでした。そのような状態でしたので、今回は砂壁風にはせず、より長い期間の耐久性(約20年)が見込める「Mプロペイント無機」の塗料で施工させていただきました。
シーリング補修工事 施工後
外壁・屋根ともにシリコン塗装を施しました!全面的にシーリング工事を行い、しっかりとした補修が完了しています。
既存色を維持した塗装(濃茶系) 施工後
既存色を維持した塗装(濃茶系)!雨樋の全交換も行いました!シリコン塗装仕上です! 工期が少々長くなりましたが、別途、ベランダ床張り替え、ベランダ波板張り替も行いました。
八王子市 O様邸 施工後
塗装自体の経年劣化もありましたが、特にサイディングボード間のつなぎ目のシーリング(目地)の傷みが激しくシーリング自体がすべて剥がれてしまっている箇所もありました。そのような状態でしたので、まず、シーリング打ち替え工事をしっかり行い下塗りも入念にやった上での塗装でしたので、通常よりも工期が長くかかってしまいました。
窯業系サイディングの塗装
塗装に使用した塗料ですが、外壁は、日本ペイントの「オーデフレッシュSi」、屋根はSK化研の「ヤネフレッシュSi」と、ともに耐久性が約10年程度期待できるシリコン樹脂の塗料で施工させていただきました。
現状に近い塗り替え塗装…!
家のカラーは、「現状に近いもの」というご指定でしたので、パッと見、大きな違いはありませんが、やはり全体的に引き締まった印象に仕上がりました。
当店オリジナルの無機塗料
築28年を経過しておりますが、定期的に塗装工事をしているだけあって状態は悪くないですが、経年の汚れがかなり付着している状態です。さらに屋根に上ってみるとそこには驚く光景が…!
塗装工事と破風板の板金巻き
破風板の剥がれが特に気になるとのことで、今後の事を考えて板金を巻くことを検討しているご様子。塗装で足場をかけますので板金巻きも同時にできますよ!とご提案したところ、塗装工事と破風板の板金巻き工事をご依頼いただく運びになりました。屋根は遮熱塗装で今年の夏は快適に過ごせそうです。
ロイヤルミルクティーのようなやさしいカラー
壁のカラーは、以前のカラシ色が目立ちすぎてお気にめさなかったようでしたので、ロイヤルミルクティーのようなやさしいカラーをご提案し喜んでいただけました。他には、アコーディオン式の雨戸の塗装。作業的には通常の雨戸より難しいようですが、きれいなチョコレート色に仕上がりました。
ご近所と調和した目立ちすぎない色
「ご近所と調和した目立ちすぎない色」がご希望でしたので、落ち着いた色を選択。帯(破風)部分も、通常はチョコレート色のようなアクセント色を選ぶ場合が多いのですが、あえてぼかした感じの、あまり強調しない壁色に近いものをチョイスしました。
18年~20年の耐用年数がある塗料「無機塗料」
以前太陽光発電システムをお世話になったお客様で、今年で築10ということで、外壁塗装を依頼したいとのことでご相談をいただきました。早速診断に伺うと、至る所に経年の劣化が見られますが、塗装で十分手当できる内容です。今回は「無機塗料」という18年~20年の耐用年数がある塗料を使っていて、仕上りも抜群です。深みのある青と鮮やかな白のコントラストが素晴らしいですね
PAGE TOP