施工事例集

P4140016
屋根材はカラーベスト(スレート)。厚みのある高級屋根材だと思われますが、やはり経年劣化と紫外線には勝てず、よくよく確認するとクラック(ヒビワレ)が何カ所かございました。髪の毛サイズのヘアクラックなら下塗りだけでも直せますが、こちらの屋根は少し大きめのヒビワレが多かったので、しっかりコーキング(接着材)補修をしてから塗装いたしました。
P5160021
アパートの塗装工事もやってます。紫外線などの影響でカラーベスト(スレート)の屋根がだいぶ色あせていましたが、大きなクラック(ヒビワレ)はございませんでしたので、塗装によるメンテナンスを行いました。使用した塗料はエスケー化研の「プレミアムルーフSi」。耐候性、耐久性、防カビなどに優れた文字通り「プレミアム」な塗料でとてもキレイに仕上がりました。
9098224f09490343dd7ddd19083e32d8
カーポートも古くなってくると屋根に汚れや藻(も)がこびりついて家の美観を損ねる原因に・・・。
外壁は塗装で綺麗にできるけど、カーポートの屋根は塗装できないし、高圧洗浄でもあまりキレイになりません。
屋根のポリカを新品にすることもできますけど、「撤去してスッキリしたい!」 というお客様も多いんです。
9a0d96a9a276664d5a0a458dbe2dd82b
タタミは消耗品ですので、年数が経つと畳表(たたみおもて)が色あせてきたり、足ざわりが悪くなったりします。でも、何かきっかけがないとなかなか交換できないのも事実。当店はタタミ交換も承っておりますので、今回は外壁塗装工事をきっかけに畳替えもご依頼いただきました。畳替えにもいろいろ種類がございますが、大きな傷みがなかったこともあり、「畳床(たたみどこ)=畳の芯」はそのまま使用し、表面のい草だけ新しくする…
01cab54a6416cac91c013b1786ef8564
外壁はサイディングボード。経年劣化で壁のつなぎ目のシール材が全体的にヒビ割れたり、隙間が開いたりしていましたので、シーリング工事でシール材を新規に打ち替えた上で、高耐久塗料の「プレミアムシリコン」で塗り替えました。また、壁材に打ち込まれた釘廻りから発生していたクラック(ヒビワレ)も徹底的にコーキング(接着材)補修させていただきました。
9d64a5ab4cffb38f926079e844f5db76
外壁には色あせ、汚れの付着、ヒビ割れなどの劣化症状が多くみられましたので、耐候性が高く、紫外線の影響を受けても劣化しにくい「プレミアムシリコン」(エスケー化研)という塗料で塗装しました。 元々、カラーベスト屋根の上に「カワラU」を設置していたが、表面がかなり汚くなってきたので、「カワラU」を撤去してガルバリウム屋根の「MFシルキー」をカバー工法で設置。
お庭の立派なモミジと調和するように… 施工後
お庭の立派なモミジと調和するように艶消し、砂壁風の仕上がりをご希望でしたのでエスケー化研の「アートフレッシュ」で塗装することにいたしました。また、玄関廻りの木部(木柱)が素敵なお宅でしたので、アク洗いをして木目をきれいに蘇らせ、キシラデコール(木材保護塗料)で艶やかに仕上げました。
雨樋もすべて交換… 施工後
モルタルの壁にクラック(ヒビ)が複数あり、それを補修しつつシリコン塗料(ニッペのオーデフレッシュSi100Ⅲ)で綺麗に仕上げました。また、雨樋も大雪による破損箇所が多かったので、この機会にすべて交換することになりました。外壁塗装といっしょに施工することで、足場代を節約でき、全体のコストを下げられて良かったです。
耐久性の高い「無機塗料」 施工後
サイディングの外壁には元々きれいな模様が入っていましたが紫外線や経年劣化の影響で色あせ、欠損などの劣化症状が発生しておりました。 この状態では、クリア塗装(透明な塗料で塗る)を施しても仕上がりが汚くなってしまう恐れがありましたので、淡いグリーン色での塗装を選択しました。
アクセント的に白系色…!施工後
お施主様のご要望の外壁カラーは、ニッペ色番号「ND342」と濃い目の色を選択されましたが、それが見事に玄関先の松の木を引き立たせ 落ち着いた雰囲気ながらも、鮮やかな印象を兼ね備えた仕上がりになりました。
壁面補修から外壁塗装まで! 施工後
雨水を吸い込んだ影響で、壁の一部が爆裂していましたが、ケレン(研磨処理)やモルタル補修等で滑らかな壁面に修繕した後、塗装させていただきました。また、門塀も汚れの付着やクラックがありましたが、綺麗に修繕してから塗装させていただきました。
和風から洋風へのイメージチェンジ 施工後
上塗り塗料は水性よりも密着力が高い溶剤系の日ペ『ファインSi』を選択。カラーは『ND-050』というグリーン系。派手な色すぎると仕上がりがおかしくなる危険性があるため、やや濃い色ながらも落ち着いた感じを出せる色を仕上げ塗りに使用しました。
明るい感じに蘇らせたい…!施工後
全体の雰囲気は変えずに、色あせてしまった屋根や壁面を、明るい感じに蘇らせたい・・・というご要望でした。まず黄色っぽい外壁は「SR-408」という白に近いカラーで塗装し直し、色あせた雨樋、雨戸、帯板などを、濃い目のココナッツブラウン系で仕上げることにより、全体的に明るく引き締まった印象になりました。
雨樋交換と外壁塗装 施工後
現場を見させて頂いたところ、先般の大雪で雨樋がかなり傷んでいることから、 雨樋に関しては塗装ではなく交換をすることになりました。 外壁塗装で足場を仮設した際に、同時に雨樋を交換される方が結構いらっしゃいます。 破損した雨樋から水が漏れると外壁や木部を長年濡らすことになり、傷みがひどくなりやすくなりますので要注意です。
木部をきれいに仕上げることを念頭に 施工後
モルタル壁の和風のお宅で、玄関廻りの木部(柱など)がとても良い雰囲気のお宅でしたので 木部をきれいに仕上げることを念頭に置きつつも、お客様の「少し雰囲気を変えたい」という ご要望に応えるため、カラー選択など念入りに行いました。
PAGE TOP