施工事例集

お庭の立派なモミジと調和するように… 施工後
お庭の立派なモミジと調和するように艶消し、砂壁風の仕上がりをご希望でしたのでエスケー化研の「アートフレッシュ」で塗装することにいたしました。また、玄関廻りの木部(木柱)が素敵なお宅でしたので、アク洗いをして木目をきれいに蘇らせ、キシラデコール(木材保護塗料)で艶やかに仕上げました。
雨樋もすべて交換… 施工後
モルタルの壁にクラック(ヒビ)が複数あり、それを補修しつつシリコン塗料(ニッペのオーデフレッシュSi100Ⅲ)で綺麗に仕上げました。また、雨樋も大雪による破損箇所が多かったので、この機会にすべて交換することになりました。外壁塗装といっしょに施工することで、足場代を節約でき、全体のコストを下げられて良かったです。
耐久性の高い「無機塗料」 施工後
サイディングの外壁には元々きれいな模様が入っていましたが紫外線や経年劣化の影響で色あせ、欠損などの劣化症状が発生しておりました。 この状態では、クリア塗装(透明な塗料で塗る)を施しても仕上がりが汚くなってしまう恐れがありましたので、淡いグリーン色での塗装を選択しました。
アクセント的に白系色…!施工後
お施主様のご要望の外壁カラーは、ニッペ色番号「ND342」と濃い目の色を選択されましたが、それが見事に玄関先の松の木を引き立たせ 落ち着いた雰囲気ながらも、鮮やかな印象を兼ね備えた仕上がりになりました。
壁面補修から外壁塗装まで! 施工後
雨水を吸い込んだ影響で、壁の一部が爆裂していましたが、ケレン(研磨処理)やモルタル補修等で滑らかな壁面に修繕した後、塗装させていただきました。また、門塀も汚れの付着やクラックがありましたが、綺麗に修繕してから塗装させていただきました。
和風から洋風へのイメージチェンジ 施工後
上塗り塗料は水性よりも密着力が高い溶剤系の日ペ『ファインSi』を選択。カラーは『ND-050』というグリーン系。派手な色すぎると仕上がりがおかしくなる危険性があるため、やや濃い色ながらも落ち着いた感じを出せる色を仕上げ塗りに使用しました。
明るい感じに蘇らせたい…!施工後
全体の雰囲気は変えずに、色あせてしまった屋根や壁面を、明るい感じに蘇らせたい・・・というご要望でした。まず黄色っぽい外壁は「SR-408」という白に近いカラーで塗装し直し、色あせた雨樋、雨戸、帯板などを、濃い目のココナッツブラウン系で仕上げることにより、全体的に明るく引き締まった印象になりました。
雨樋交換と外壁塗装 施工後
現場を見させて頂いたところ、先般の大雪で雨樋がかなり傷んでいることから、 雨樋に関しては塗装ではなく交換をすることになりました。 外壁塗装で足場を仮設した際に、同時に雨樋を交換される方が結構いらっしゃいます。 破損した雨樋から水が漏れると外壁や木部を長年濡らすことになり、傷みがひどくなりやすくなりますので要注意です。
木部をきれいに仕上げることを念頭に 施工後
モルタル壁の和風のお宅で、玄関廻りの木部(柱など)がとても良い雰囲気のお宅でしたので 木部をきれいに仕上げることを念頭に置きつつも、お客様の「少し雰囲気を変えたい」という ご要望に応えるため、カラー選択など念入りに行いました。
耐久年数約20年!無機塗装(Mプロペイント)  施工後
元々、砂壁風(ジョリパット)のオシャレな雰囲気のお宅でしたが、経年劣化で色あせが進み、また壁材の特性でクラック(ひび割れ)が多数発生してお困りでした。そのような状態でしたので、今回は砂壁風にはせず、より長い期間の耐久性(約20年)が見込める「Mプロペイント無機」の塗料で施工させていただきました。
シーリング補修工事 施工後
外壁・屋根ともにシリコン塗装を施しました!全面的にシーリング工事を行い、しっかりとした補修が完了しています。
既存色を維持した塗装(濃茶系) 施工後
既存色を維持した塗装(濃茶系)!雨樋の全交換も行いました!シリコン塗装仕上です! 工期が少々長くなりましたが、別途、ベランダ床張り替え、ベランダ波板張り替も行いました。
八王子市 O様邸 施工後
塗装自体の経年劣化もありましたが、特にサイディングボード間のつなぎ目のシーリング(目地)の傷みが激しくシーリング自体がすべて剥がれてしまっている箇所もありました。そのような状態でしたので、まず、シーリング打ち替え工事をしっかり行い下塗りも入念にやった上での塗装でしたので、通常よりも工期が長くかかってしまいました。
窯業系サイディングの塗装
塗装に使用した塗料ですが、外壁は、日本ペイントの「オーデフレッシュSi」、屋根はSK化研の「ヤネフレッシュSi」と、ともに耐久性が約10年程度期待できるシリコン樹脂の塗料で施工させていただきました。
現状に近い塗り替え塗装…!
家のカラーは、「現状に近いもの」というご指定でしたので、パッと見、大きな違いはありませんが、やはり全体的に引き締まった印象に仕上がりました。
PAGE TOP