ベランダ防水に関するものが多いです

こんにちは。外壁診断士のサムです。

こんなに台風が多いと、マイホームの防水に関する、お問い合わせが増えてきます。
屋根の雨漏りなどの問い合わせもたまにありますが、私が最近担当している案件では、ベランダ防水に関するものが多いですね。

ベランダの防水は、基本的に床面の下地にクラック(ヒビ)、亀裂などがなければ
トップコート(防水の上塗り剤)を塗りなおす工事で良いので、価格も安価で済みます。
ただ、亀裂が入っていたりする場合は、防水層の下地から工事しなおす必要がありますね。
平場の亀裂
平場の亀裂
ベランダ立ち上がり部の亀裂
ベランダ立ち上がり部の亀裂

工法はいろいろありますが、例えば、ベランダならウレタン防水がいいかもしれません。
ウレタン防水は、液体の防水主剤を塗布することによって、防水層を作る工法なので
比較的、短期間で工事ができ、価格もリーズナブルです。(軽量なのも良いです)
また、既存の別の防水層があってもその上から塗れるので、廃材が出ないのもイイですね。悪臭もしませんし。。。

と、まぁ、けっこう簡単な工事的なことを書いてますが、工程としましては、きっちり以下のような感じで、やらせていただきます。


高圧水洗浄 ⇒ 下地補修 ⇒ プライマー(下塗り剤)塗布、⇒ ウレタン防水主剤塗布 ⇒ トップコート塗布 ⇒ 完成(平場、立上り 共)
 ※平場(ひらば):ベランダの平らな床の部分
 ※立上り(たちあがり):ベランダの壁のように、床に対して垂直に立ち上がった部分


工事価格のほうは、ベランダの大きさや、形状などで違ってきますので、まずは現場調査をご依頼ください。
現調、見積は無料ですので。。。

また、外壁塗装と同時にご依頼いただければ、ベランダ防水の金額がお安くできるかもしれませんので、ご相談いただければ幸いです。


以上、塗装売るオトコ、、、サムでした。
(防水売る…のほうが良かったかな?)