屋根は家の中で一番厳しい自然環境!

こんにちは。外壁診断士のサムです。

屋根は家の中で一番厳しい自然環境にさらされています。
雨、風、太陽からの紫外線・・・すべて、屋根にとっては天敵のようなもの。
なので、屋根塗装は出来る限り丁寧に工事してくれる業者にお願いしたいですね。

今まで出会った職人さんに、業界の裏事情を聞いてみたことがあるんですけど
塗装って業者によって、けっこうやり方が違うようなんです。

例えば、高圧水洗浄してから、すぐに上塗りをしてしまう業者さんもいたりするとか!?
まぁ、こんな手抜き塗装でも、パッと見はきれいな仕上がりに見えてしまうらしいので要注意ですよ!

あるメーカーの試験データでは、上記のような手抜きの塗装工事では、1~2年で塗装が剥げてきてしまう・・・
そんな記事を読んだことがあります。
それが事実だとすると、塗料の性能が「耐久性10年」「耐久性20年」とかうたっていてもまったく意味がなくなっちゃいますね。おぉ~怖っ!!

やはり塗装工事の基本は、高圧洗浄→ケレン(研磨処理)→下塗り→中塗り→上塗り!
そうです!!
念入りな下地処理+ローラー3回塗り(以上)!!これが必須ですね。

さらに、忘れちゃならないのは、屋根の棟の部分など鉄部のサビ止め塗装!
サビ止めがきちんと塗られてないと、やはり後々、塗装剥がれの原因になっちゃいますよ。
屋根下塗り

屋根錆止め

私の担当する現場では、、、
例えば、ニッペのエポキシ系サビ止め塗料「ハイポンファインプライマーⅡ」などを使って
きっちりサビ止めしてもらっています。※サビの進行具合によっては「さびストップ」なども使います。

まぁ、サム的には、あたりまえのような工程ではありますが、屋根ってお客様が簡単に見れないところなので
手抜きする業者もいると聞いているので、あえてブログに書かせていただきました。
工事価格が妙に安かったら、注意したほうがいいかもしれませんよ。


以上、国民的アイドルグループの解散報道が気になる、、、サムでした。