プライマー塗布…!

こんにちは。外壁診断士のサムです。


窯業(ようぎょう)系サイディングボードのお宅を塗装する際には、必ずシーリング工事が必要になってきます。
シーリング工事とは、ボードとボードのつなぎ目(目地)シーリング材というゴム状の材料で埋める工事です。

そのシーリング工事で、シール材を充填する前に行う作業として「プライマー塗布(プライマーを塗る作業)」があります。
プライマーは「初め」という意味があり、金属塗装などでも最初に塗るサビ止めのことをプライマーと言ったりしますが
シーリング工事で言うプライマーは、目地に充填するシーリング材(ゴム状の材料)が壁にしっかりと密着するよう手助けをする役目を持っています。
BEFORE
コーキングプライマー

→
AFTER
コーキング完了

コーキングプライマー

コーキングプライマー

よく外壁の目地の部分が完全に剥がれてしまっている家を見かけたりしますが
原因が「プライマーの塗布不足」ということもあるようですので
それくらいプライマーを塗る作業は重要なんですね。(見た目は地味ですけど)

私は現場に行くことも多いので、プライマーを塗っていたら、今までより注意して見てみようと思った今日この頃です。

以上、昔やっていた草野球リーグ出身の国会議員さんが2名もいることを知り、なんだかうれしい、、、サムでした。