スパイラル状態で劣化が促進

こんばんは!アドバイザー あきらです。

空を見上げると夏っぽい雲になってきましたね。
ゲリラ豪雨もあったりで、現場管理が大変な今日この頃です。
今日は屋根の現場調査へ行ってきました。
北面だけ赤く変色

スレート瓦の屋根ですが、北面だけ赤く変色しているのが地上から見てもわかります。
サビのようにも見えますが…これは苔なんです。
太陽光の当たりにくいジメジメした北側に多く見られます。
アンテナの屋根馬からサビが垂れて赤くなることもありますが
北側だけとなると、まず苔かと思われます。

屋根材の表面が撥水製が落ちてくる
   ↓
日当たりの悪い箇所がジメジメしやすくなる
   ↓
苔が生える
   ↓
苔が水を蓄える
   ↓
屋根材が傷む
   ↓
日当たりの悪い箇所がジメジメしやすくなる…

と、スパイラル状態で劣化が促進しやすくなってしまいます。

ご自宅の屋根を今一度よく見てみたら苔だらけ!?なんてこともあるかもしれません。
塗り替え時期のサインの一つですので、是非セルフチェックの一つとして確認してみてはいかがでしょうか。