コケが発生しているってことは…

こんにちは。外壁診断士のサムです。

建ててから10年以上経過している家の屋根、特にスレート(コロニアル、カラーベスト)屋根には
コケなどが発生していることが多いです。(主に太陽の光が当たりにくい面の屋根)

普段生活していると、屋根を見ることは少ないと思いますが
私は診断するために望遠レンズなどで見ているので、十中八九、コケを発見します!

ただ、コケを発見したからと言って、すぐさま何か問題があるわけでもやないのですが
コケが発生しているってことは、その屋根がかなり湿気を含んでいるということで
その部分が繰り返し太陽の光(紫外線)を受けますと屋根材が反り返ってしまう原因になってしまうのです。
コケの発生

コケの発生


放置し続けると、屋根材が割れてしまうこともあり、そうなると、高額な屋根の葺き替え工事が必要になりますので
屋根の塗装工事で直せるうちに、手を打っておいたほうがいいのではないでしょうか?

屋根塗装時には、高圧水洗浄でコケや汚れをしっかり洗い流し、ケレン(研磨処理)でさらにしつこい汚れを除去。
さらに、ヒビ割れてしまった屋根材もきっちりコーキング(接着剤)で補修してから塗装いたします。
ただ単にペンキで塗りつぶすだけじゃありませんのでご安心ください。

スレートの割れ

スレートの割れ


それから、塗料のほうも、屋根用の品質の良いものがたくさんあります。
例えば、エスケー化研さんの『クールタイトSi』。約10年程度の高耐久性もさることながら、
真夏の屋根の表面温度が約15℃も下がってしまうという「遮熱効果」がこの塗料の最大の売り!
室内の温度も2~3℃下がるようなので、ここ数年、人気が高まっています!

価格も一般的な住宅の屋根なら、5万円程度の差で工事できる場合が多いので
エスケー化研さんの『クールタイトSi』おすすめです。

以上、自分にも遮熱塗料を塗りたいぐらいの、、、サムでした。