マイホームは約3倍くらい長持ちする

こんにちは。外壁診断士のサムです。

当店では定期的に外壁塗装セミナー(市民講座)を行っており、私も講師を務めることがあるのですが
参加者の方からよく聞かれるのは「なんで外壁を塗り替えなくてはいけないのか?」という質問です。

イメージチェンジ、気分転換などの理由も少しはあるかと思いますが

 メインの理由は「家を長持ちさせるため」です!!

外壁がとんでもなく劣化してからでは、まったく意味がありません。
比較的、状態の良い10年前後で塗り替えると、外壁塗装の効果が大きく出てきます。

一説では、10年ごとにきちんと塗り替えをすると、マイホームは約3倍くらい長持ちするとも言われております。
逆にとんでもなく劣化してからでは、塗装では直しきれず、外壁の補修、張り替えに何百万円も費用がかかってしまうこともあります。
そうならない為にも、家の周りをぐるっと回ってみて、次のような劣化症状が発見されたら
ぜひお早めに専門家にご相談いただければと思います。
壁の汚れ
壁の汚れ
ひび割れ
ひび割れ
目地の痛み
目地の痛み
では、チェックしてもらいたい症状を思いついた順に書いてみますね。

 ①壁の汚れが取れない
 ②壁の色が色あせている
 ③ひび割れがある
 ④塗装が膨れている
 ⑤塗装が剥がれている
 ⑥藻、コケ、黒カビが発生している
 ⑦鉄部が錆びている
 ⑧木部が腐っている
 ⑨壁に触ると白い粉が手に付く

塗装の膨れ
塗装の膨れ
鉄部塗装剥がれ
鉄部塗装剥がれ
木部塗装剥がれ
木部塗装剥がれ
他にもあると思いますが、だいたいこのあたりが外壁の劣化症状と言われています。
あと、外壁だけじゃなくて、屋根が色あせていたり、外壁と外壁のつなぎ目(目地)がひび割れている
・・・なんていう場合も要注意です。

「特に雨漏りしていないから大丈夫!」などと安易に判断するのは危険です。

劣化が進んで、壁にジワジワ水が吸い込まれ、気づいた時には内部の柱とかが腐ってしまったり、シロアリが大量発生したり・・・
といった事例は、この仕事をしていると頻繁に目にします。

外壁劣化症状が複数ありましたら、専門家にできるだけ早くご相談くださいませ。


以上、余談ですが、○○総選挙に5票投票してみた、、、サムでした。