その理由は「面積効果」。

こんにちは。新米外壁診断士のサムです。

外壁塗装のご提案をする際に、かなり神経を使うのは壁の色です。

事前に試しに塗るわけにもいきませんので、色見本で選んでいただいたり、パソコンでカラーシミュレーションしたりするんですけど
実際の仕上がりは色見本より明るい(薄い)感じになることが多いです。。


その理由は「面積効果」。



全体的に見ると白っぽく見える (2)
グレーにも見える

人間の目には面積が大きくなると色が明るく(薄く)見えてしまう特性があり、そのため、色見本で選んだ色のペンキで塗っても、ちょっと違って見えてしまうのです。
ですので、通常はイメージより少し濃い目の色をオススメするようにしています。そのほうが結果的に理想の色に仕上がり、お客様に喜ばれることが多いのです。

写真は完工間近のお宅なのですが、家全体をカメラで写してみると壁面はホワイトに見えますが、少し影になっている壁面を部分的に写してみるとグレーに見えます。

実際は日本ペイントの「ND-400」(薄いグレー)という色番号の塗料を使っているのですが、本当に面積や光の加減で違う色に見えてしまうものですね。
色決めの際は、以上のことを考慮に入れつつカラーシミュレーションなどをご利用いただくとよろしいかと思います。

以上、なんか怖くて、まだマイナンバーを見ていない
・・・サムでした。