風合いを残すためジョリパットフレッシュ

クラック
クラック
隙間
隙間
こんばんは!外壁アドバイザー 小古間です!

今回は今週着工の現場をご紹介します。

築10年を迎えそろそろ塗り替えを検討されており、当社の塗り替えセミナーへお越しいただいたお客様です。
ご自宅へ訪問してお話しを伺ってみると、数年前に雨漏りをしており、そのときの対応や施工に不満を持ったそうです。
今後、業者選びには慎重になっているなか、当社で外壁塗装を行っていることを知り、ご相談をいただくこととなりました。

まずは雨漏りの箇所から診断を始めます。
写真でもわかるようにベランダに無数のクラックが走ってます。水分を含んだ外壁はもろくなり、ヒビが入りやすくなります。
怪しいところを調べてみると、やなり笠木の隙間がかなりあいており、そこから水が廻った可能性が高いようです。
ひどいときにはベランダの下にあるリビングの天井にもシミができるほどとのことでした。
雨漏りの原因となるベランダ廻りについてはシーリングや防水塗装で適切な手当を行い、外壁は風合いを残すためジョリパットフレッシュで仕上げます。

仕上がりは後日ご紹介いたします♪