状況に応じて「縁切り」や「タスペーサー」というものを利用して隙間を確保

屋根のクラック
屋根のクラック2
隙間を埋める塗装やコーキング
外壁塗装アドバイザー 小古間です!

10年ほど前に屋根を塗装して、3年ほど前に外壁を塗装されたとのこと。
屋根の状態を見てみると一見しっかり塗っているように見えますが、スレート屋根の隙間も埋めるように塗装やコーキングの処理がされてしまってます。

実はこの部分の隙間を空けておかないと、どこからか水が浸入したときに出口をふさぐ形になり、屋内に水がまわる原因にもなりかねません。
スレート屋根の塗装の場合、状況に応じて「縁切り」や「タスペーサー」というものを利用して隙間を確保する必要があります。
ただ塗ればいいという訳ではなく、現場に応じて適切な施工が必要なんですね。

先ず雨漏りの調査を行いしっかりと原因を突き止めてから屋根の塗装を施すことにします。
雨漏り調査や屋根塗装の状況は逐次ご案内させていただきます♪